エントリー

2016年度ユースキャンプ報告

  • 2016/08/02登録

 今夏も約4 週間の日程で九州・沖縄地区において台湾、イタリアなど6 カ国から12 名の来日生がそれぞれのホスト先でありますクラブメンバー宅に滞在します。
 その間、ホストファミリー宅を離れてユースキャンプが7 月24 日から28 日までの5 日間、来日生相互の理解と親睦を図るため、武雄市において小松武雄市長のご出席のもと久保C 地区ガバナーを始めとする多数のライオンズメンバー、YCEOB 生が参加しユースキャンプが盛大に開催されました。
 例年の開催地、阿蘇市でのキャンプが4 月の熊本地震により、急遽、場所の変更を余儀なくされましたが武雄市ご当局を始め関係機関のご協力のもと昨年にも増した取り組みが行われました。
 特に、今回は地域連携、地域密着型のプログラムとして武雄高等学校生徒との書道、茶道などの文化、弓道などのスポーツ交流や地元での座禅体験、史跡名所の見学など充実したキャンプとなり無事に終了いたましたことを報告いたします。終わりに、開催に至るまで何かとお世話になりましたC 地区キャビネット、ご協力いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。

337 複合地区YCE 実行委員長 濱脇 哲夫

20160802085909.jpg

20160802085931.jpg

20160802085939.jpg
座禅体験

20160802085946.jpg
書道体験

20160802085953.jpg
弓道体験

YCE委員会活動報告 「夏期のYCE交換事業が始まりました」

  • 2016/07/21登録

 梅雨明けとともに、今期夏のYCE交換事業が始まりました。
 7月19日(火)の早朝7時半にもかかわらずMD337からのシンガポール及びマレーシアへの派遣生13名とその保護者、スポンサークラブ、ライオンズメンバー多数が見送りのため、福岡国際空港に集合し、見送りセレモニーが行われました。ご出席頂きました関係者の皆様に、厚くお礼申しあげます。当日は、C地区から4名の派遣生がシンガポール窓口で東マレーシアへ派遣されました。なお、後日、1名がウィスコンシンへ派遣されます。

20160721125539.JPG

 派遣生の皆さんが、世界に広がるライオンズクラブが提唱する親善大使としての役割を立派に果たされ、一人ひとりの想いがかなえられ、元気に帰国されることを念願いたしています。又、夏期の来日生として、一足先にMD337には、イタリアやフィンランドなど6カ国から12名、その内、C地区はドイツ、スイス、台湾から計4名がお見えになっています。なお、7月24日(日)から4泊5日の日程で武雄市開催でのユースキャンプには九州・沖縄地区から来日生全員お揃いになり、YCEOB生、地元高校生等との楽しい交流、親善が予定されています。ライオンズクラブは、そのような皆さんを応援しています。
 なお、ユースキャンプの詳細は、後日報告します。

20160721125548.jpg

337複合地区YCE委員会実行委員長 濱脇 哲夫

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

国際会長紹介次期国際会長紹介地区ガバナー紹介・スローガン地区ガバナーエレクト紹介年間行事カレンダーキャビネット最新情報キャビネット事務局アクセス337-C地区所属クラブ書庫

活動写真とレポート各クラブの最新情報

お問い合わせ個人情報の取り扱い

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

第99回ライオンズクラブ国際大会

eMMR マニュアル
eMMR マニュアル


The loins Times

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『ライオン』誌日本語版ウェブ・マガジン