エントリー

県内中学生を対象に、地元ゆかりのプロ野球現役選手を招いて「野球教室」を実施

  • 2018/01/17登録

337-C地区2R・2Z
ライオンズ国際協会100周年記念事業
青少年健全育成事業

 次代を担う青少年の心に大きな「夢」を膨らませたい・・・。

  私ども、337-C地区2R・2Zでは去る1225日、長崎県営野球場「ビッグNスタジアム」で、地元長崎県にゆかりのあるプロ野球の現役選手よる「野球教室」を開催しました。

  この取り組みは、ライオンズ国際協会100周年記念事業並びに青少年健全育成事業の一環として企画したもので、この事業趣旨に賛同する337-C地区2R・2Z内のライオンズクラブを中心に、まず実行委員会を立ち上げ、長崎南クラブに所属する西武ライオンズOBのL貝塚政秀をキーマンに準備をすすめました。

  この日、指導役を務めたのが、永江恭平(埼玉西武ライオンズ、内野手)、江越大賀(阪神タイガース、外野手)・松田遼馬(同、投手)の現役3選手と、L貝塚の4人。朝早くから、県内13中学校の軟式野球部員170人が球場に集まりました。

  2R・2Z・ZCの開会のことばのあと、地区ガバナーのL乗田泰と100周年記念コーディネーター・名誉顧問のL高橋抒見が交々挨拶。L乗田は「憧れのプロ野球選手から、どのような困難にも決して負けない強い精神力を学んでほしい」と訴えました。

20180117073330.jpg 20180117073337.jpg 20180117073343.jpg

 

20180117073350.jpg

 野球教室で球児らは、一人ひとりフォームをチェックしてもらいながら、投球練習やティー打撃などに汗を流しました。

  リレー形式のベースランニング、ホームラン競争などで選手との交流を深め、江越選手が左翼席まで打球を飛ばすと、子どもたちや、指導の様子を見守っていた父兄の間からも、大きな歓声が上がりました。

  交流会で、プロ野球選手から、球児らに抽選でユニフォームや手袋などが贈られたほか、参加者全員と競技入賞者、ジャンケン大会の勝者の景品は、ライオン有志から提供されました。

20180117073355.jpg 20180117073400.jpg

20180117073408.jpg 20180117073414.jpg

 20180117073420.jpg 20180117073426.jpg


  野球教室終了後、長崎みなとクラブ会長のL岡山真治が閉会のことばを述べました。
 冬空のもとで、温かい眼差しで見学していたライオンから相次いで、地域に根差した奉仕活動は、これからも継続すべきだという声が聞かれました。

  個人や1クラブだけでは、今回の事業を開催するのは難しい面があったと思いますが、地区クラブの総力を結集すれば必ず、実現できます。今回の事業を通して、熱意あるライオンの心が一つになったうえ、マスコミの報道を通して、ライオンズ活動のPRにも資したのではないかと信じて疑いません。

(2R・2Z・ZC宮田康朗)

 

九州北部豪雨について

  • 2017/10/05登録

各クラブ単独又はゾーン単位等合同による現地支援活動

  • 2017/10/05登録

 

各クラブ単独又はゾーン単位等合同による現地支援活動されたクラブをご紹介致します。

 

九州北部豪雨災害発生当初より、現地被害状況の視察から支援活動に至るまでの状況について

 

 

1)1R・3Z・・・武雄LCアラート委員会活動報告より

 201779日(日)朝倉市社協より必需品要請のため、物資を確保し、浮羽LCと共同で支援 

センターへ搬入されました。「朝倉LC・浮羽LCと連携」 

                         

 

 

 

 

 

 ②2017720日(木)日田市ボランティアセンターへウエス1,500枚を届けられた。 

 

 

 

2017721日(金)朝倉市立杷木中学校 避難所にて温熱マッサージを、明石魚住LC・浮羽LC 

・武雄LC合同activityを行った。 

 

 

 

2017723日(日)朝倉ボランティアセンターにて15LC合同activityを行った。 

 ボランティアさん向けに、たこ焼き・たい焼き・かき氷等(計3,000食)を無料配付 

 

 

2017726日(水)朝倉市サンライズ杷木避難所にて、夕食200人分の炊き出しを致しました。 

 

2017年8月5日(土)浮羽LC・武雄LC合同で、東峰村サテライトへ、土のう袋6,000枚提供

 

2017820日(日)東峰村サテライトへ、インソール・おこわ1001,208食提供

 

2017821日(月)東峰村サテライトへ、飲料水30ケース(24本いり)を提供                                          

 

 

 

 

2)1R・1Z・・・6LC(鳥栖・神埼・基山・鳥栖養基・三養基・鳥栖中央)合同アクティビティ報告

 

1R・1Zの九州北部豪雨災害朝倉支援活動写真(1)「サンライズ杷木」:朝倉市の施設です。 

2017年8月20日(日)朝倉市「サンライズ杷木」駐車場 かき氷の準備中です。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月20日(日)朝倉市「サンライズ杷木」駐車場

 

鳥栖LC・神埼LC・基山LC・鳥栖養基LC・三養基LC・鳥栖中央LC・まんえい堂スタッフ 

6クラブ会員とまんえい堂スタッフの集合写真です。 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1R・1Zの九州北部豪雨災害朝倉支援活動写真(2)「サンライズ杷木」:朝倉市の施設です。 

2017年8月20日() まんえい堂スタッフより指導を受け炊き出し等の準備中です。 

 

 
2017年8月20日(日)ボランティアの方にかき氷を作っています。 

     

 

 

 3)2R・3Z・・・諫早LCの支援活動報告  ・・・写真№7

   ① 2017729日(土)43名(内訳:一般市民24名、クラブ会員19名)が大型バスで諫早午前630分に出発し、午前930分朝倉市に到着後、炊き出し班と作業班に分かれ、それぞれの場所で活動。 作業班は思っていたよりひどい場所で車が通るたびに土煙が上り以前は2車線あった道路も崩れた土砂などで1車線ぎりぎりの道幅になっている。 民家1軒1軒にグループに分かれて部屋の1階天井まで積もった土砂を取り除く作業。炊き出し班は出来立てのご飯を食べて頂きたく思いを込めて120人の被災者に対しお昼ご飯を出した。

 午後4時に両班とも作業を終え、午後7時に諫早に無事到着した。

 今回の現地支援活動は、一般市民と合同による活動で、諫早の一般市民の皆様と同じ想いを届ける ことができ大変感謝しています。 

我々諫早ライオンズクラブにとっては、1日でしたが、被災者の皆様は毎日のことでまだまだ支援が 必要と思います。諫早市民の皆さん有難う御座いました。

  

炊き出し班 


 

作業班 

 

 

 以上、今回の現地での支援活動は被災者の切なる願いに答えた形で種々の支援活動をして戴き誠に有難う御座いました。活動して頂いたクラブ並びに会員の皆様に対し、地区を代表して衷心より厚くお礼と感謝を申し上げます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

国際会長紹介次期国際会長紹介地区ガバナー紹介・スローガン地区ガバナーエレクト紹介年間行事カレンダーキャビネット最新情報キャビネット事務局アクセス337-C地区所属クラブ書庫

活動写真とレポート各クラブの最新情報

お問い合わせ個人情報の取り扱い

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

第99回ライオンズクラブ国際大会

eMMR マニュアル
eMMR マニュアル


The loins Times

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ国際協会公式機関誌『ライオン』誌日本語版ウェブ・マガジン